スポンサーリンク

注意された腹いせか、5月にも同様の行為

 

神奈川県大井町の東名高速道路で6月に、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡し、娘二人が怪我をした事故で、神奈川県警は10が10日、一家のワゴン車の進路を塞いで停止させ、追突事故を引き起こしたなどとして、福岡県中間市の建設作業員・石橋和歩容疑者(25)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)と、暴行の疑いで逮捕したと発表しました。

 

何故、中居PAエリアから追いかけていったとの質問に対して、石橋容疑者は『やっぱり言われたら、こっちもカチンとくるけん。普通に高速出よったから抜かしていったら、後ろから煽られて。止まれってことだよねと思ったから、そこでで止まった感じです』等と、今月1日には報道陣に説明をしていました。

 

 

尚、石橋容疑者は容疑を認めているということです。

 

捜査関係者の話しによりますと、手前の中井パーキングエリアで、一家のワゴン車の進路を塞ぐように駐車していた石橋容疑者を萩山嘉久(当時45)さんが注意したというのです。

怒った石橋容疑者はワゴン車を追い掛け、極端に接近して走行、さらに前方に割り込んで速度を落とし、ワゴン車が車線変更をしても同様に妨害する行為を約1.4キロの間繰り返した末、停車させたということです。

 

その後、車を降りて、嘉久さんの腕や胸ぐらをつかむ暴行を加えた疑いもあるそうですが、その直後にトラックが突っ込み、ワゴン車は中央分離帯に激突したということです。

 

嘉久さんと妻の友香さん(当時39)が亡くなり、高校1年と小学6年の姉妹も怪我を負いました。

石橋容疑者は手前の休憩所で、通行を妨げるように駐車していたのを嘉久さんから注意され、腹を立てたと云うことです。

 

PR 男性も女性も☆発毛治療はドクターズヘア 男女ともにOK!医師による発毛治療 全国140院一律価格で安心【ドクターズヘア】
 

5月にも3台に走行妨害

警察の調べによりますと、事故の1ヶ月近く前の5月8日夜に、石橋容疑者は下関市の一般道で運転中、時速約10キロまで原則、追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路を塞いで停車させ、窓を叩いというのです。

翌9日未明にはゆっくり走行している際に追い越そうとした車の進路を2回妨害して停止させ、運転席のドアを3回蹴ったそうです。

 

同日早朝にも、追い越そうとした車の方へ自分の車を寄せて衝突させ、手前の信号で青に変わっても10秒ほど発車しないで、その後も遅めの速度で走行していたと云うことです。

県警はいずれも石橋容疑者がキッカケを作って追い越しを誘った可能性も有ると見て、6月の事故と共通点がないか解明を進めているそうです。

 

PR 手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用 投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー【WEALTHNAVI(ウェルスナビ)】

PR 子供の学費考えていますか? 学資保険なら計画的に貯蓄可能!まずは一括資料請求で最も貯められる保険会社を探そう! インズウェブなら無料で有名複数社から一括見積もりできます。【保険の窓口インズウェブ】

PR <栄養機能食品>低分子で優れた吸収性『高濃度プラセンタ100 CORE 初回83%OFF』
 

 

スポンサーリンク