スポンサーリンク

床などに横たわっている時に腹を踏まれたか、または自ら転倒の可能性も?

 

大阪府市和泉市の知的障害者支援施設で、今年7月に入所していた男性(54)が内蔵などに損傷を追って救急搬送され、今年9月に亡くなっていた事が13日分かりました。

 

 

大阪府警は、事件と事故の両面で捜査をしているということです。

 

和泉市や関係者の話によりますと、男性は7月4日に脱水症状などが疑われた為に、地元の医療機関を受診したところ、首がグラグラして定まらず、腹部の膨張などの症状が見られたというのです。

このため、同日に府内の別の病院に搬送され、あらためて診断した結果、『膵臓(すいぞう)』を損傷し、『肋骨(ろっこつ)』を折るなどの重症を負っていたことが分かったという事です。

 

手術を受け、一旦は快方に向かっていたということですが、その後様態が急変し、今月9日に死亡したのです。

警察の話によりますと、司法解剖でも死因は不詳とされたそうです。

 

男性には知的障害があり、普段は車椅子を使用しているとのことで、施設では他の入所者2人と同じ部屋で生活をしていたそうです。

施設側は和泉市などの聞き取りに調査に対して、『床などに横たわっている時に外の入所者に腹を踏まれたり、自ら転倒したりした可能性がある』等と報告をしています。

 

 

PR 手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用 投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー【WEALTHNAVI(ウェルスナビ)】

 

 

運営する社会福祉法人は、施設職員らへの聞き取りなどを行いましたが、職員による男性への加害行為は確認されなかったそうです。

スポンサーリンク

法人の幹部は産経新聞社の取材に対し、『入所者が死亡したのは事実です。経緯を検証した結果、職員による虐待などの事実は確認できませんでした』・・・・と、説明をしているということです。

 

大阪府和泉市伯太町3丁目の障害者支援施設『太平』に入所する54才の男性が7月に、内蔵損傷や肋骨にヒビが入るなどの重症を負い、今月9日に亡くなった件について次のように説明して言います。

 

 

和泉市などの広域事業者市道課によりますと、男性は知的障害があり、7月13日夕、首がぐったりするなど体調に異変が見られ、翌4日に病院に搬送した。

診断の結果、膵臓を損傷するなどのケガをしていた。

手術を受け一旦快方に向かったが、その後様態が悪化し、今月9日に死亡した。

との報告をしたという事です。

 

 

PR 将来のために資金準備始めていますか?積立保険なら計画的に貯蓄可能!まずは資料請求で最も貯められる保険会社を探そう!【保険の窓口インズウェブ】

PR 360度全方向の加圧力で、代謝促進、脂肪燃焼、筋肉増強、3つの力を発揮イジメる加圧シャツ!加圧インナー【Vidan ザビースト】

PR 着ながら美ボディ加圧シャツ!目指せモテ女女性向けが遂に登場!美ボディサポート加圧シャツ【アブクラックスインナー】

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>