スポンサーリンク

『指導の名の下に行われたイジメだ』大阪懐風館高校3年の女子生徒、大阪府を提訴

 

頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒(18)が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こしたのです。

10月27日に第一回口頭弁論が有り、府側は請求棄却を求めたのです。

 

生徒は昨年9月から不登校になっており、『指導の名の下に行われたイジメだ』と訴えています。

訴状などによりますと、生徒は2015年4月に入学、中学時代に黒染を強要されて嫌な思いをしたため、母親は『高校では同じことがないように配慮してほしい』と伝えていたそうです。

 

しかし、学校側は生徒の入学後、1,2週間毎に指導、度重なる染色で生徒の頭皮はかぶれ、髪はボロボロになったというのです。

教諭から『母子家庭だから茶髪にしているのか』と中傷されたり、指導の際に過呼吸で倒れ、救急車で運ばれたりしたことも有ったというのです。

 

文化祭や修学旅行には、茶髪を理由に参加させてもらえなかったそうです。

生徒は昨年9月に教諭から、『黒染めしないなら学校に来る必要はない』と言われ、それ以降は登校していません。

 

高校は今年4月に、生徒の名前を名簿から削除し、他の生徒や保護者には退学したと虚偽の説明をしていたということです。

学校側は生徒の代理人弁護士に『たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることにしている』と説明しているとの事です。

 

PR 九州産大麦若葉使用!<機能性表示食品>中性脂肪や血糖値を抑える厳選青汁premium(プレミアム)
 

 

地毛登録制度導入の学校も

複数の大阪府立高校では、頭髪が生まれつき茶色い生徒に誤った指導をしなように『地毛登録』と称する制度を導入しているそうです。

スポンサーリンク

登録自体を問題視する声もあるとのことですが、府教委は『導入は各校に任せており、実態は把握していない』としています。

 

ある府立高では、約10年前から制度を始めたそうです。

地毛が茶色い生徒は入学時に色合いを計測し数値化して登録し、色の変化がなければ指導しないというのです。

 

1学年に10人ほど登録する生徒がおり、校長は生徒の人権を守るためにも制度を続けている』と話しています。

訴訟を起こした女子生徒の母親は入学時『地毛登録制度があるなら申請したい』と訴えたが懐風館高校は導入していなかったのです。

松井一郎大阪府知事は11月10日、府立懐風館高校3年の女子生徒が生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう教諭らに強要され不登校になったとして府を提訴していることについて、『学校側に聞き取っているが、生まれついての身体的特徴を変える指導は一切していないということだった』と話しています。

松井知事は、双方の主張に食い違いが有り、学校側の説明を『そのまま信じているわけではない』と強調、事実と異なった場合『教育者としていかがなものかとなる。訴訟の中ではっきりさせたい』と述べています。

 

PR 初回限定500円キャンペーン!国産すっぽん&生きた酵素のダイエットサポートサプリ『すっぽんスリム酵素』

PR え!?まだ毎日血圧計ってるの?幻の聖草「冬虫夏草」をたっぷり1200mg配合『冬虫夏草1200』

PR 頭皮の幹細胞に直接働きかける新成分「リデンシル」配合の育毛剤 【REDEN(リデン)】
 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>