スポンサーリンク

メルカリに額面以上の価格で現金を出品、出資法違反(超高金利)の疑いで出品した男女ら4人を逮捕

 

フリーマーケットアプリ大手のメルカリで、額面以上の価格で現金を販売し、法定金利率の上限を超える利息を受け取ったとして、千葉、秋田、京都の3府県警が16日、それぞれ千葉県成田市の契約社員の男(33)、秋田市の無職の女(60)、奈良県安堵町の無職の女(40)、広島県呉市の電報配達業の男(57)を出資法違反(超高金利など)の容疑で逮捕したという事です。

男ら男女4人は、いずれも容疑を認めているということです。

 

 

千葉、秋田両県警によりますと、成田市の男はフリマアプリで昨年8月~今年7月に、福島、京都、兵庫、岐阜の4府県の男女4人に計10回、法定利率(年20%)の4.4~6.4倍の金利で、現金計25万円を31万円で販売した疑いが持たれているのです。

秋田市の女は昨年12月~今年7月までに、宮城、茨城、東京の3都県の男女3人に計9回、現金21万5千円28万円で販売した疑いが持たれています。

 

京都府警によりますと、安堵町の女は昨年11月~今年4月に、男女3人に計32万円分の紙幣を約40万円で、広島県呉市の男は昨年9月~今年5月に、男女3人に計44万円の紙幣を約50万円で販売した疑いが持たれています。

 

PR 手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用 投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー【WEALTHNAVI(ウェルスナビ)】
 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

捜査関係者の話によりますと、現金が出品されていたのは、フリーマーケットのように、使わなくなった服など売り買いできるスマートフォン向けアプリ『メルカリ』です。

クレジットカードのキャッシング(借金)枠を使い切った人が携帯電話の決済やカードのショッピング枠で現金を購入していたと見られていることなどから、メルカリ社は4月下旬から現金の出品を禁止していました。

 

現在は24時間耐性で監視し、現金の出品を見つけ次第削除しているということです。

ネットオークションサイト『ヤフオク』も5月から現金の出品を禁止しています。

 

インターネット上の物品販売サイトアプリへの現金の出品者が逮捕されるのは、初めてのことです。

成田市の男は、Tシャツの出品を装って、実際には現金のやり取りをしていたことも有ったと言い、県警は違法な貸付を隠すため、通常の物品販売を装った疑いが有ると見ています。

 

 

メルカリはスマホのアプリを使って利用者同士が不用品などを売買できるサービスを行っており、アプリの国内累計ダウンロード数は、5000万件を超え、出品数は1日100万件以上と云われています。

 

PR 子供の学費考えていますか? 学資保険なら計画的に貯蓄可能!まずは一括資料請求で最も貯められる保険会社を探そう! インズウェブなら無料で有名複数社から一括見積もりできます。【保険の窓口インズウェブ】

PR <栄養機能食品>低分子で優れた吸収性『高濃度プラセンタ100 CORE 初回83%OFF』

PR 普段のインナーからエクスレンダーに着替えるだけで自宅で簡単「着る」体幹トレーニング【エクスレンダー】
 

スポンサーリンク