スポンサーリンク

2年生蹴られ負傷、栃木県警が傷害容疑を視野に捜査

 

全国大会の常連で優勝経験も有る足利工業大学付属高校(栃木県足利市)のバレーボール部で、60代の男性コーチが2年生部員の男子生徒(17)を正座させ、上半身を何度も蹴って負傷させていたことが分かったのです。

同校バレー部は、春高バレーと呼ばれる全国大会に過去37回、春高バレー2018にも出場するなど、、また来年1月の同大会への出場も決めている強豪校としても有名です。

コーチは今年3月末に定年を迎えるまで同校教諭で監督を努めていたということですが、多くの部員に対して指導の一環と称して体罰をしていたとの証言もあるそうです。

 

同校の松下繁一校長は『数年前に1度、部員への暴力で校内処分を受けたことがある』と説明をしているということです。

校長や関係者の話によりますと、コーチは6月下旬頃、被害生徒が女子マネージャーと数日前から交際を始めたことを知って叱責、体育館にある教官室で生徒を正座させたまま胸の辺りや背中を蹴り、約1週間の怪我をさせたというのです。

 

部の決まりとして、部内での男女交際は禁止されているとのことで、コーチは『これは体罰だな』といって暴行をしたという事です。

 

学校内の調査にコーチは『カッツとなってやった』等と説明をしているそうです。

 

同校は7月に、コーチを10日間の指導停止としましたが、県教委や高体連には報告をしていませんでした。

松下校長は『報告のルールがないので報告していない』と話しています。

 

被害生徒はコーチの他にも、複数の部員から顔を蹴られるなどの暴行を受けたことが有るとの事で、同生徒は9月に退部をしたそうです。

 

同部では2008年に、上級生が下級生に暴行したり、熱湯をかけて火傷を負わせたりするイジメが発覚しました。

その際は、3年生2人が退学し、別の3年生1人が暴行容疑で書類送検された経緯があります。

スポンサーリンク

 

 

PR カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決!国内店舗数NO.1ネットショップ作成サービス【カラーミーショップ】

 

 

大阪市教委でも、バレー部員6人に体罰で講師を懲戒処分に

顧問を務めている男子バレー部の部員6人に常習的に体罰をした等として、大阪市教委が24日、市立中学校の男性講師(29)を、停職3ヵ月の懲戒処分にしたと発表し、講師は同日に依願退職をしたという事です。

講師は他の教員に見られないように男子バレー部が体育館を使う日を選び、倉庫などで体罰をしていたということです。

 

市教委によりますと、講師は今年5~10月、2年の部員に6人に対し、腹部を蹴ったり頭を叩いたりした他、『殺すぞ』等と言っていたとのことですが、部員にはケガはなかったそうです。

 

10月18日6人の右頬を1回ずつ手の甲で叩き、翌日に保護者が学校に通報して発覚しました。

講師は『チームを強くしたかった。イライラしてつい手が出てしまった』等と話しているそうです。

 

7月に校長が体罰をしていないか確認をしたとのことですが、講師は否定をしていたとのことです。

市教委は、校長を文書訓告にしたということです。

 

 

PR  恋もお金も幸せひとり占め!開運を呼ぶ護符・霊符販売 注目の開運グッズ【護符】「かなえや」

PR ★ひざの筋肉を強化しながら痛みを改善する「ガーゼタッチ加圧式超ゲルサポーター」

PR ★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

 

スポンサーリンク