スポンサーリンク

オンラインハラスメント=ネットセクハラ30歳未満は4割の人が経験

 

「日本人女性の約3割がインターネット上のセクハラを経験している』という衝撃的な事実が判明しました。

シマンテックのセキュリティーソフト『ノートン』が11月28日に、オンラインハラスメントに関する調査結果を発表したのです。

 

調査結果による被害上位3つは、『悪意のあるゴシップやうわさ話』(46%)、『誹謗中傷』(34%)、『セクハラ』(32%)、です。

セクハラで多かったのは、『断ったにも関わらず男性からしつこく交際を迫られた』(31%)、『あからさまに性的な内容を含む不快なメールを受け取った』(19%)等が上げられました。

 

30歳未満の女性は、40%がネット上でセクハラ被害に有った経験があるそうです。

一方で、被害にあった女性のうち、警察に被害届を出していた方はわずか4%に留まっていることも分かったのです。

 

49%の方が『無視してやり過ごした』等と回答し、21%の方が『どうすればよいかわからなかった』と答えています。

ハラスメントによる影響は実世界にも読んでいるということで、被害者の35%が『気分の落ち込み』を感じ、33%が『不安や懸念を感じた』と回答、15%は『うつや不安神経症を発症した』というのです。

 

オンラインハラスメントとは敵対行為』、『ネット荒らし』、『誹謗中傷』、『ネットいじめ』、『セクハラ』、『身体的暴力の脅迫』等が上げられます。

ノートンは、オンラインハラスメントから見を守るための対策も案内しているそうです。

 

 

PR 膝がいたい方に朗報!ひざの筋肉を強化しながら痛みを改善する「ガーゼタッチ加圧式超ゲルサポーター」

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

すぐに出来る3つの対策

◎ 所有するデバイスで設定を確認すること

・ 全てのセキュリティー設定やプライバシー設定を確認する。

・ パスワードを定期的に変更する

 

◎ 問題を感じたら速やかに対処すること

・ 加害者に応答しない

・ 受け取ったメッセージや写真・動画などは被害を受けた記録と証拠として全て保存する

・ オンラインハラスメント被害にあっている人を見つけたら被害者にサポートの手を差し伸べる

・ 状況に応じては、許されない行動を行っていることを加害者本人に知らせる

 

◎適切な報告や届け出をすること

・ 誰かがハラスメントとみなされる言動を発見したら、関係当局へ速やかに届け出る

・ ネット上に不適切なコンテンツを見つけた場合、サイト運営社に電話かEメールで削除やブロックを要請する

 

ノートンの行ったアンケート調査は、16歳以上の日本人女性504人で、市場調査企業のMorar HPIが定量的オンラインアンケートを実施したものです。

 

 

PR WordPressを使うならロリポップ!簡単インストール完備で楽々スタート!「ロリポップ!」レンタルサーバー

PR 1日5分でお肌プルップル♪【980円】リニューアル☆美顔器【エステナードROSE】

PR シニア世代のアマチュアゴルファーを応援!シニア向けゴルフ用品通販サイト 【日本ゴルフスクール】

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>