スポンサーリンク

佐々木監督『責任を痛感』辞任を発表

 

高校野球の名門、春夏通算で38度の甲子園出場を誇ろ仙台育英高校(宮城県・仙台)が10日、同校で記者会見を開き、野球部の佐々木順一朗監督が辞任を発表したということです。

 

後任には、須江航氏が1月1日付で新監督に就任する予定とのことです。

 

仙台育英野球部では、現役2年生部員3人と引退した3年生3人の計6人が、先月末に飲酒と喫煙をしていた事が発覚しました。

3年生の1人が急性アルコール中毒の疑いで、病院に緊急搬送されていたのです。

 

同校では引退した3年生2人が同席していた剣道部とともに、今月6日から無期限活動停止処分となっています。

佐々木監督は1995年から同校の監督を務めており、2001年に部内の不祥事で1度は辞任したものの、2003年に復帰していました。

 

この日の会見では、『背筋を痛感しています。責任の重さは重大。保護者会で辞任を報告した』と明かし、『原因は管理体制の甘さ』と話しています。

ただ、保護者会からは監督の辞任に対して反対の声も上がったということです。

 

新監督に就任する須江氏は、仙台育英学園秀光中等教育学校で軟式野球部の監督を務めています。

 

 

PR こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる 低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

 

 

佐々木前監督は、12月3日に仙台で行われた野球指導者によるシンポジウムで『野球の楽しみ方、支え方、伝え方~2020年東京オリンピックを景気に野球のさらなる発展を考え東北を元気にする!~』をテーマとしたパネルディスカッションに出演していました。

 

 

佐々木氏はディスカッションの中で『皆さんは本当かよ、と思うかもしれないがうちには勝つとか、優勝するとかいった目標がない』と話し、あるのは(1)いい親父になる、(2)ウェルカム仙台育英『仙台育英ディズニーランド構想』、(3)飛脚プロジェクト(全員で達成しようとした時、奇跡が起こる)と説明しています。

 

『勝つ、優勝するといった目標を立てると、メンバーとメンバー街の間に溝が生まれる。全員が最後に卒業してよかったと思えるようにするにはどうすればよいかを考えている。

一度、問題が有って監督をやめ、戻ってきた時には部員がゼロ。

戻ってきてから勝つことをやめ、選手も見に行かないようにして、仙台育英で野球をやりたいという子供たちだけでやるようになった。

弱くなったらやめようと決意を持って最終的に全員に当てはまる目標にしました。

将来自分の子供が悩んだときに俺もこうやって悩んだぞと話せるようにいい親父になれ、これは人生の最題目標。

そしてディズニーランドに行って嫌な思いをしたことがある人は少ないはず、思いやりを持っていろんなことをしていけば楽しい高校生活を送れるだろう、と。

グランドでは『歩くな、走れ』と云われるけど、走っていないときに『飛脚プロジェクト辞めたの』といったほうが走りやすい、言葉の綾なんです。

優勝するという目標だと、優勝できなかった時に負け組になる。

でも人生は負け組ではない。

最終的にはいい親父、かっこいい親父になれるように、良い伴侶を見つけて幸せな家庭を気づいてほしいと思っています』

と、勝つこととの向き合い方が変わったことが結果的に勝利にむびついた。・・・・と話していました。

 

夢は新監督に引き継がれていかれると思いますが、熱い佐々木監督の思いは、生徒たちには届いていなかったのかもしれません。

 

 

PR 最高級松阪牛ステーキのお取り寄せ 「特選松阪牛専門店やまと」

PR 「出張で宿がいっぱい!」こんな経験ありませんか?「JTBオススメ出張」で急な手配も安心!宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

PR ★有名カラーセラピスト★と共同で作ったおしゃれなカラーセラピストが薦める開運のカラー財布

 

 

スポンサーリンク