スポンサーリンク

教え子の女児12人にわいせつ行為、裁判で見えてきたものとは!

 

京都府南部の公立小で、教え子の女児7人にわいせつ行為をしたとして「強制わいせつ」と「児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた20代の元講師の被告人質問と論告が1月16日、京都地裁(御山真理子裁判官)であったのです。

被告は、計女児12人へのわいせつ行為を認め、性癖を自覚しながら教師を志望し、採用の翌年にはわいせつ行為を始めた、と説明しました。

 

検察側は論告で「教員の立場を悪用し、極めて卑劣かつ自己中心的な犯行」として、懲役10年を求刑したのです。

判決は25日に裁定される見込みです。

 

起訴状では、2015年~17年にかけて、教室や女子トイレなどで当時6~11歳の女児け7人の服を脱がせたり、陰部を触ったりするなどした、と言う事です。

また、さらにスマートフォンなどで撮影し、保存した、としています。

 

被告人質問によりますと、被告は大学で子供と接するサークルなどに所属しており、そのころから、小学校低学年の女児に性的な魅力を感じ始めたと云うのです。

教師になって1年後に担任になった年から、検尿を装うなどして計12人にの女児にわいせつな行為をしたと云う事です。

 

被告は「女児は深いトラウマ(心的外傷)になっていただろうと身勝手に考えた」などと説明しているそうです。

 

被害女児の父親の意見陳述もあったと云う事で、ある父親は「腐りきった卑劣でおぞましい行為で娘を幾度も恐怖に落とし、殺し続けた」と非難したと云う事です。

スポンサーリンク

検察側は論告で、「精神的に未熟な被害者に手当たり次第にわいせつ行為に及んでおり、犯行経緯や動機に酌量の余地は全くない」と述べたのです。

弁護側は、情状酌量を求め、結審したと云う事です。

 

裁判は被害者の特定を避けるため、被告も匿名で実施されたと云う事です。

 

PR Ponta最強クラス!ポイントがポンポンたまる『シェルPontaクレジットカード』
 

事件の概要

この事件は、2017年6月29日に発覚したものです。

教え子の女児にわいせつな行為をしたとして、京都府警が強制わいせつの疑いで府南部にある公立小学校の男性講師を6月28日に逮捕したのです

府教育委員会は前任校を含め10人前後の教え子に同様の行為を繰り返していた疑いがあるとみて、調査を進めてきました。

 

府教委は講師を懲戒免職処分とし、府警や府教委は、被害児童の保護者が公表を望んでいないとして、事件を明らかにしてきませんでした。

関係者の説明では、講師は、校内で女児の体を触ったことなどを認めていました。

女児の1人が保護者に訴えて発覚したのです。

 

 

PR 全国どこからでも24時間簡単ご契約 安心のパートナー、消費者金融のプランは即日融資です!

PR 富士通、NECグループ企業からの直請け案件9割!【新卒・中途システムエンジニア・プログラマー募集】

PR 【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!まずはシミュレーションから【住宅ローン一括審査申込サービス】

 

 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>