スポンサーリンク

動画サイトYou tubeで、子供に見せていた動画に排泄行為や女性が挑発的に誘惑する場面が!!!

 

インターネットの動画サイトでで子供にアニメを見せていたら、いきなり『残酷な内容』に、そんな経験ありませんか?

 

一見可愛らしい作品のため、運営会社の規制をすり抜けているというのですが、関係者は『子供が見ると悪影響が出る』と注意を呼びかけているのです。

 

米IT大手グーグル参加の動画投稿サイト『You tube』で、ディズニーの人気キャラクターに似たキャラが映る画面をクリックすると、10分版の動画が始まり、最初こそはキャラクターが絵を描いていたのですが、突然、排泄行為や木から転落して流血、女性が挑発的に誘惑する場面が出てきたというのです。

 

 

こうした動画は『エルサゲート』と呼ばれており、有名なアニメ映画『アナと雪の女王』のヒロインの名と、政治スキャンダルを呼ぶ際に使われる英語のセウビゴを負わせた造語なのです。

 

ユーチューブには自動再生機能があるそうですが、有効にすると関連動画が続けて再生されるため、エルサゲートが次々と流れる恐れが有るのです。

ユーチューブにはプログラムによる検出や視聴者からの報告で不適切な動画を削除していますが、エルサゲートは数が多い上に『色を学ぶ』などのタイトルで幼児教育用を装っているなど、監視が追いついていないようなのです。

 

スポンサーリンク


海外でも社会問題に

海外でも社会問題となっており、英BBC放送は昨年3月に『類似の動画が数百件有り、数百万回視聴されたものも有る』と伝え、米紙ニューヨーク・タイムズも同11月に『多くの人が警告していると報じています。

 

 

中国桃居は今月22日、動画運営者に『不適切な子供向け動画』の取り締まりを求めたと中国共産党機関紙・人民日報のウエブサイト『人民網』が伝えたのです。

 

エルサゲートの背景は不明とのことですが、動画の再生回数に応じた広告収入を得ることが目的という指摘もあります。

日本では今月、育児中の母親とみられる人物が騒動をブログで消化したことで懸念が広まったと云うのです。

 

最近では、日本語版も目立っているそうです。

グーグルの日本法人は、『人的、技術的資源を増強し、対処できるよう全力を尽くしている』とコメントを出しているとの事です。

育児情報誌『miku』の高祖常子編集長は次のように述べており、『子供が好きなキャラクタと思いエルサゲートを見れば、ショックは大きく、心的外傷(トラウマ)が心配。スマホを使うなら信頼できるサイトを選ぶことが重要だ』と指摘しています。

 

オトクな情報

【いつもあなたの側に】キャッシングのいつも【相談ください】



中高年の頻尿、尿漏れトイレの回数の悩みに【ノコギリヤシ400+ペポカボチャ】

スポンサーリンク