スポンサーリンク

日大学長も記者会見、現役アメフト部員達が内田監督らに反撃の抗議声明分を発表か?

 

大きく揺れる日大アメフト問題、遂に出てきた大塚吉兵衛学長の言葉から『監督、コーチの話には齟齬(そご)が有る。第三者委員会、連盟、訴えられている流れも有る。両方に対するコメントは控えたい』としながらも、すべての責任は私に有るとし、『被害者、保護者、関西学院大学関係者に謝っても謝りきれない』と謝罪をしたのです。

 

 

また、宮川選手一人が記者会見をしたことについても触れ、『特に当該の選手を一人記者会見に立たせ追い込んでしまったことに責任を痛感している』と述べています。

その中で『選手諸君、当該の学生については真摯に自分で語るべきことを述べている』と語るとともに、対応が遅れたことについて『部との文書のやり取りで会わせてしまった。そちらでよろしくお願いします、と済ませてしまったことは責任を感じる』としています。

 

上記の今回の問題については、22日に違反タックルを実行した選手が記者会見を開き、会見の中で井上前コーチから内田前監督の指示として、相手のQBを負傷させる目的で潰せという指示を受けたと告白をしていました。

 

 

しかし、23日に内田監督、井上前コーチが会見しその中で、井上コーチが『潰せ』とは指示をしたが負傷させろという意図ではなかった等と説明、内田前監督怪我を負わせる目的の指示は出していないとして、学生との言い分が違っていたのです。

 

お得な情報
楽天1位☆へパリーゼZが初回半額!

現役部員らが内田前監督らに反撃の抗議文を発表か?

これまでの日大アメフト部の悪質な反則行為を巡る問題で、日大アメフト部の現役部員が近く発表する声明文について、現役部員らが『内田前監督らの嘘を暴く内容になる』などと話しているということです。

これまでの経緯を踏まえ、24日夜に日大アメフト部の父母会の代表が会見を行い、タックルをした選手を守るために現役部員が声明文を出すことを明らかにしたのです。

 

これらの声明文について、報道関係者らの話から『内田前監督の嘘を暴く内容になる』とJNN取材陣に話しているとのことで、内田前監督が23日の記者会見で『私の指示ではございません』、『ボールを見ていて反則を見ていなかった』などと主張していましたが、現役部員らが問題の試合のビデオと照らし合わせて矛盾点を指摘するという事のようです。

 

この問題について林芳正文部科学相は、『日大の方で設置される第三者委員会で速やかに事実の解明、究明これが行われることを強く望んでいます』とし、また、『大学の理事会が責任を持って対応していく必要がある』と伝えたとも述べています。

 

お得な情報
リキッドだけでなく、蒸気成分の分析も実施!安心にこだわった本命べイプがついに登場!


 長距離の移動が心配な方へ【ノコギリヤシ400+ペポカボチャ】

スポンサーリンク