スポンサーリンク

『援助交際』から”パパ活”へ、SNSで知り合った男性と買い物や食事

 

インターネットで知り合った男性と食事や買物をした見返りに、金銭的な支援を受ける『援助交際』が女子中高生らの間で広まっているということです。

近年は”パパ活”と呼ばれているということで、遊ぶ金欲しさや興味本位といった軽い気持ちでネットに投稿し、性被害に遭うケースも相次いでいるそうです。

 

”パパ活”は、ごく普通の生徒が・・・!

『パパ活募集』、昨年(2017年11月)にサイバーパトロールをしていた福岡県警の捜査員が、ネット掲示板に書き込みを見つけたのです。

捜査委員はメッセージを送り、福岡市郊外の駅で待ち合わせたところ、現れたのはジーンズにTシャツ姿の派手でもなくごく普通の女子生徒(16)だったのです。

 

捜査員は警察官であることを明かし、事情を聞いたところ、生徒は『興味本位だった』と話したそうです。

学校では模範的な生徒と見られていましたが、その後の捜査でネットで知り合った男から現金を受け取り、性的な関係を持っていたことも分かったのです。

 

県警は、この男(50歳代)を突き止め、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕したと云うことです。

生徒を迎えに来た母親は、『まさか娘が援助交際をしているとは、警察に見つかってよかった』・・・と、うなだれていたそうです。

 

スポンサーリンク


”パパ活”とは?

”パパ活”という言葉が広まってから1年以上立っているそうですが、残念ながら筆者は知りませんでした。

そもそも”パパ活”とは、『パパ活動』の略称で、交際関係は持たず、食事や買物などデートして女性が男性から金銭や物品を受け取る活動、だというのです。

原則として肉体関係はなく、プラトニックな関係とされていたそうです。

 

JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して、都内のJKビジネス店は激減し、女子高生ら少女の姿は店から姿を消したのです。

警察当局内では、インターネットの世界に”潜行”したデート援交が、自動回収に発展することへの懸念が有ったのです。

規制条例の都外の店に、少女らが移動している現状も指摘されているそうです。

 

捜査関係者によりますと、デート援交は”パパ活”などとも呼ばれ、1回あたり数千円を受け取り、一緒に食事や散歩などをするのですが、表のJKビジネスで働けなくなった女子高生がインターネットで小遣い稼ぎをしている可能性は高いと見られています。

 


お得な情報

ケータイ乗り換え.comソフトバンクへの乗り換えの携帯販売サイト

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用【ウェルスナビ】