スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら SNS、誹謗中傷は言葉の暴力か? | Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

SNS, イジメ問題, 芸能人

SNS、誹謗中傷は言葉の暴力か?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



女子プロレスラー・木村花さん死去で考えるSNSの怖さ

 

テラスハウスのメンバーであった木村花さんが亡くなりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

以前にこのブログでもSNSの怖さについて啓発をしてきましたが、まさか新型コロナウイルスの渦中で、女子プロレスラーで有りテラスハウスのメンバーとしてTVに出ていた木村花さんもその犠牲者になるとは思いもしませんでした。

SNSでの誹謗中傷、差別、いじめは学校問題や主婦間、社内間でもある事は知られていました。

隣国の韓国でも、歌手や俳優などが誹謗中傷によって若くして命を絶っている方がいるのです。

木村さんによれば、誹謗中傷は1日100件ペースで最近まで続いていたようです。

 

俳優の城田優さんは5月24日にツイッターを更新しSNSでの誹謗中傷を「立派な犯罪行為」だと指摘したうえで、行き過ぎた悪口について今後提訴すると発表しました。

城田さんは文中の中で「表に立つ仕事をしているのだから誹謗中傷が有るのは当たり前」と受け止めながらも、芸能人だからという風潮について「職業などは関係ありません。誰もがみな同じように心を持ち、その強度は人其々です」としています。

 

また、「わざわざ当事者の目にはいるSNSへ行き素性も明かさず、無責任な残酷な言葉を並べ、無防備な人を一方的に攻撃することが許されるのでしょうか」と、匿名で人を苦しめることの是非を呼び掛けたのです。

これに対してユーザから「キモいから死ね」との中傷ともとれる返信があったとの事ですが「こういう発言は今後提訴します」と断言しています。

 

昨年にはAKB48の元メンバーで実業家兼タレントの川崎希さんが匿名掲示板での匿名嫌がらせの書き込みで法的措置を取り、「誹謗中傷やプライバシー侵害をしてきた人たちの名前と住所がすべて開示されました」と、発信者情報開示請求の申し立てが道められたことをブログで報告しています。

川崎さんは「何年もずっと我慢してきましたが、私たちもこのような書き込みに対応していくとにしました」とし、今後もネット上の誹謗中傷に対して法的措置を取る事宣言、書き込みを行った人物たちへの対応について、所属事務所、弁護士と操舵して決定するとしています。

 

堀江貴文さんも人間性について述べている

第三者から度を越した誹謗中傷に対して、実業家の堀江貴文さんもツイッターの中で、「大量にくると精神的にマイナスは当然きます。相手を意味もなく痛めつけ釣るのは事実なので、そういうのは絶対やめたほうが良いです」と、ネット上の激しい中傷は堀江さんをもってしても精神的ダメージを受ける事を書いています。

メンタルが強い、弱いではという問題ではなく言葉の暴力に耐性を求める事なんて出来ませんよね、著名人だからと云って同じ人間であって心は折れることも有ります。

 

誹謗中傷は「有名になった証拠だ、耐えろ」と云うような事は投稿者の勝手な思い込みであって、誰しもが人間である以上繊細な部分があり、第三者からの度を越した誹謗中傷に耐えられないものなのです。

匿名性のためかインターネット上の悪口や誹謗中小を軽く考えている人がいますが、人を自殺に追いやり、多大なストレスを与え、長期にわたる精神疾患に陥れるなど被害は深刻なのです。

 

インターネット上の言葉の暴力が深刻な人権侵害であることをインターネット利用者も、そしてプラットフォームも十分に認識して欲しいです。

ツイッターなどのプラットフォーム会社は国際展開しており、欧州等では最も厳しい規制に服しているのに、日本ではプラットフォームによって傷つけられる個人を守る法整備が遅れています。

 

日本政府の対応

5月25日、23日に亡くなった木村花さんの状況を鑑み、与野党の国対委員長は今後の対応を巡って協議していく考えで一致したと言う事です。

与野党の国対委員長はこうしたネット上での誹謗中傷の対応について、今後協議することで合意しました。

「心無い誹謗中傷で人を傷つけるようなやり方については何らかのルール化は必要」

「与野党一緒になって、この問題についてどういう対応が出来るのか」

須賀官房長官は、総務省が先月設置した研究会で、ネット上での誹謗中傷を巡り、発信者情報開示の在り方について議論を進めるとしたうえで、これを踏まえて「適切な対応を図っていく」と述べています。

 

匿名での誹謗中傷で他人を死に追いやる行為は、もはや社会問題と云えるでしょう。

悪意ある投稿者及びプロバイダーに対する責任を含めて法規改正を進めてもらいたいと考えています。

 

DMM英会話|世界とつながるオンライン英会話

見たい動画がある!DMM.com 動画

販売本数累計500万本突破の返金保障付き薬用育毛剤 ケフトル ローションEX

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください