スポンサーリンク

海外、覚せい剤持ち込みで死刑が確定

 

日本人の元看護師の女が覚せい剤を密輸したとして、マレーシアで逮捕・起訴された事件で、元看護師の死刑が確定しました。

死刑が確定した元看護師・竹内被告は、うつむき加減で車を降りると、上告審に向かいました、そして死刑を言い渡されたのです。

 

判決の際に武内被告は、身じろぎもせずに裁判長の言葉に耳を傾けていたと云うことですが、どこか諦めにも似た表情を浮かべて法廷を後にしたとのことです。

この事件は、元看護師の武内真理子被告(41)が2009年10月に、クアラルンプール国際空港に覚せい剤4キロが入ったスーツケースを持込、逮捕・起訴されたものです。

 

マレーシアは薬物犯罪には厳しく、密輸で有罪が確定した場合、一律に死刑が適用されるというのです。

中身は知らなかったので・・・・・そこをきちんと評価していただければと思うんですけれど】と話していましたが、・・・・・・・!

 

武内被告は『知人に頼まれて荷物を運んだだけで、中身は知らなかった』と一貫して無罪を主張してきましたが、しかし、マレーシア連邦裁判所は『被告の主張は信用に値しない』と1審・2審と同様に死刑の判決を言い渡したのです。

武内被告の弁護士は、『武内被告の主張は全く認められなかった。彼女は取り乱し、悲しんでいました。』とコメントを出しています。

 

お得な情報
馬油の力ですべすべ肌!リマーユスキンケアオイル

連邦裁判所は日本の最高裁にあたり、武内被告の死刑は此れで確定したと云うことです。

今後はマレーシア国王の恩赦を求めるものと見られています。

 

覚せい剤の一定量以上の持ち込みに関しては、中国やタイ、シンガポール・フィンリピン・マレーシアなど東南アジアなどでは死刑の判決が出る確率が高いのです。

 

お得な情報
格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン!なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。【ムームードメインで『独自ドメイン』を取得】

 

 

罪は罪で、其の国の方に従って裁かれるべきでという部分に異議を唱える事のできる立場では有りませんが、情状酌量という部分がなく、いきなり極刑というのには、考えさせられます。

昔のアヘン戦争時代が、国へ大きな影響を及ぼした、ということからの極刑なのだと思います。

 

逆に考えますと、いかに日本の刑が軽いということではないでしょうか、日本での覚せい剤使用・所持への刑はもっと重くても良いと思うのは私だけでしょうか。

 

 

お得な情報
抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】ハイパフォーマンスゲームPC[ALIENWARE]

 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>