スポンサーリンク

 

開業2ヶ月・【泊まれる本屋】、満室が続く

 

 

約1700冊の本に囲まれて、一夜を過ごせる独創的な宿泊施設『Book  And BED TOKYO(ブック アンド トウキョウ)』(東京都豊島区西池袋1)が人気を集めているというのです。

 

『本と宿泊』に特化したアイデアと、1泊3500~4500円(休前日などは1000円増し)と云う低価格が、本好き・旅好きの人達に受けて、2015年11月5日の開業から、30有るベッドはほぼ満室の状態が続いているというのです。

 

 

運営会社は空き室が多い古いオフィスビルを活用して、年内には都内で、同様の施設2箇所をさらに開きたいとしています。

 

 

企画・運営しているのは、デザイナーズマンションやリノベーション物件など、個性的な賃貸住宅を専門に紹介する不動産業『アールストア』(東京都品川区)です。

 

 



 

 

海外からの観光客が増加して、都内のホテル不足が加速する中、『高級な五つ星ホテルでもなく、ビジネスホテルでもない、自分たちが止まり大切を作ろう』という思いから【泊まれる本屋】のコンセプトにたどり着いたというのです。

 

 

施設は、JR池袋駅西口から徒歩1分の、主に飲食店が入居するビルの7階にあります。

 

 

約3000冊まで並べられる本棚と、其の奥に上下2段の寝室が設けてあるそうです。

 

 



 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

ベッドが大半を占める寝室の空間は、スタンダード(幅129センチ、長さ205センチ)12床、とコンパクト(幅約80センチ、長205センチ)18床の計30床となっています。

 

 

トイレ・シャワー・洗面所は共同の、いわゆるユースホステルタイプの施設となっているのです。

 

 

特徴は大きな本棚で、そこにずらりと並んだ旅行記、食、文学、写真集、洋書、ライフスタイル雑誌、漫画などの幅広いジャンルの本を、宿泊客は自由に好きなだけ読めること、本の販売はしていませんが、宿泊者の感性を刺激してくれそうな本が並んでいると云う事です。

 



 

 

この宿の利用客は、20~30代が中心で女性が6割だとか、居住地別では約4割が東京都内と近郊で、3割が国内の出張及び観光客だということです。

 

 

『首都圏近郊の人はわざわざ止まる必要もないのに、本のある空間を気に入って泊まりに来てくれている。自宅でも職場でもない、『サードプレイス』を求める人がいると想定してたが、これ程多いとは思わなかった』と云うことです。

 

 

本と寝具の他には必要最低限のものしか用意していないとのことですが、共有スペースには身体を投げ出せるほどの大きなソファやクッションが有りますが、後はトースター、コーヒーマシン、ポット、カップ、皿くらいだそうです。

 

 

コーヒーや味噌汁、シャンプーはフロントで販売しているとのことで、また他人のイビキや目覚まし音が気になる人のために、無料の耳栓も用意してあるそうです。

 

 

池袋というリッチの良さから、ある外国人観光客は現在、10連泊中だとか、島根県の隠岐島から来た宿泊客は『地元のことを知ってほしい』と隠岐島のことを紹介した本3冊に思いを書き添えて本棚に残していったそうです。

 

 

施設は、飲み物、食べ物の持込みは自由で、午後1~5時には1500円でシャワーを除く共有スペースが利用できるサービスもしており、宿泊しない人も本を読んでくつろぐ事が出来るそうです。

 

 

 



 

 

 

 

スポンサーリンク