スポンサーリンク

 

静岡県富士市・男子高校生自宅敷地内に乳児を遺棄

 

出産後間もない乳児の遺体を男子自宅内の敷地内に遺棄したとして、静岡県警捜査1課と富士署は、15日までに死体遺棄の疑いで静岡県東部に住む男子高校生と女子高校生を逮捕したと発表しました。

 

 

県警などの話によりますと、2人は共謀して乳児の遺体を県東部の民家の敷地内に遺棄した疑いが持たれているのです。

 

 

乳児は女子高生が出産したと見られており、県警などは今後、乳児が死亡した経緯についても調べていくということです。

 

 

 



 

 

 

静岡県警の話によりますと、遺棄された乳児は男児だということですが、1月下旬頃、何らかの原因で死亡した乳児を男子高校生の自宅の敷地内に遺棄したと見ています。

 

 

生まれたばかりの乳児の遺体を遺棄したとして富士署は県東部ニスモ10代の高校生の男女を死体遺棄容疑で逮捕しました。

 

 

逮捕容疑は、今月1月下旬頃、生まれてまもなく死亡した男児を男子高校生の自宅の部屋に遺棄したとしています。

 

 

警察の調べに対して2人は、容疑を認めているそうです。

 

 

 



 

スポンサーリンク

 

 

同県警捜査1課の話によりますと、2人は交際中だったと云うことで、少女は1月下旬頃自宅の浴室で男児を出産したということです。

 

 

男児の父親の少年が自宅に男児を持ち帰り、放置していたとのことですが、県警は男児の死因を調べているということです。

 

 

少女は2月10日に、体調不良で同県内の病院を受診した際に、医師が出産に気付いたとの事で、その後少年が病院に男児の遺体を持参したというのです。

 

 



 

 

 

遺体はタオルにくるまれていた状態でバッグに入れられていたと云うことですが、既に腐敗が始まっていたそうです。

 

 

少女は、少年に妊娠を打ち明けていましたが、親などには相談していなかったとみられるとのことです。