スポンサーリンク

国土交通省が運送会社を監査、過労運転が複数回

広島県広島市の山陽自動車道下り線八本松トンネル内(全長844メートル)で、大型トラックが追突し、12台程度が多重衝突事故が発生した件で、国土交通省は18日、貨物自動車運送事業法に基づき、トラックを運行していた運送会社『ゴーイチマルエキスライン』(埼玉県川口市)に特別監査に入りました。

事故を起こした運転手、M容疑者の実態を調べる方針だということです。

 

国交省によりますと、今回のトラックの運行は16日に川口市の営業所を出発して九州に向かい、大阪に寄って戻ってくる5泊6日の計画だったということです。

 

M容疑者は昨年12月に入社し、2月中旬に埼玉県から九州に向かう運行で休憩時間が短かったり、連続運転時間が長過ぎたりする過労運転が複数回有ったというのです。

同社は、雇入れ時に行うべき健康診断を受けさせておらず、国が求めている安全教育も十分に行っていませんでした。

 

同社では、他の運転手についても過労運転の疑いが有るということです。

監査を受けた同社の男性は、『監査が入ったばかりで、現時点ではお答えできない。遺族の方には大変申し訳ありません』と報道陣に語っています。

 

69人の死傷者を出した山陽自動車道のトンネル事故で18日、衝突したトラックの運転手が逮捕されました。

逮捕された運転手の勤務先の元運転手が18日TVの取材に対して、運送会社の過酷な労働実態を証言しています。

 

お得な情報
想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営はarumaison(アルメゾン)

 

追突したトラックを運転していたM容疑者(33)は18日、過失運転致死の疑いで逮捕、M容疑者は『交通事故を起こしたことは間違い有りません』と話し、容疑を認めていると云うことです。

 

M容疑者が運転するトラックが、渋滞で停車していた車に次々と衝突し事故が起きたと云う事ですが、トラックが追突した付近にはブレーキ痕は見つからなかったというのです。

 

埼玉県から福岡市へ引っ越しの荷物を運搬中だったというM容疑者は、事件直後、会社に電話を掛け『前の車が急ブレーキをしたので、自分も急いでブレーキを分だが間に合わなかった』と伝えていたということです。

 

警察によりますと、17日夕方まで、自分が事故を起こした運転手であることを名乗り出なかったそうです。

 

18日、国交省はM容疑者が勤める『ゴーイチマルエキスライン』に監査に入りました。

其の結果、先月『ゴーイチマルエキスライン』を含む複数の運転手で、基準を上回る運行が有り、過労状態で運行していたことが分かったのです。

 

警察は、M容疑者が速度規制を超えて運転していた疑いが有ると見て、調べているということです。

 

お得な情報
想像以上の安心感 10年家賃定額保障アパート経営はarumaison(アルメゾン)

老後の対策をお考えなら◆都内中古マンション投資の無料出張相談◆【中古マンション投資・不動産投資セミナー】

獣医師開発の国産鹿肉ドッグフード!愛犬の健康を真剣に考えて年齢ステージ別に最適配合国産鹿肉ドッグフード「Daily Style」

 

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>