スポンサーリンク

 

 

守ってほしいボランテイアの心得とは?

 

 

 

熊本県内の被災地では、災害支援ボランテイアの受け入れ体制が徐々に整備つつ有ります。

 

 

被害の大きかった南阿蘇村では20日午前にボランティアセンターが設置された他、熊本市や益城(ましき)町などでも近く受け入れが始まるとのことです。

 

 

私達がボランテイアとして被災地の復旧に貢献するのには、どんな準備と心構えが必要なのでしょう。

 

 

 

大容量256GB・月額1,000円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー⇒HETEML

 

 

 

全国社会福祉協議会全国ボランテイア・市民活動振興センターの高橋良太所長によりますと、ボランテイアは事前の準備がないまま参加すると、却って救援活動の妨げになることも有るというのです。

 

 

ボランテイアの心得

 

 

 

 

被災地では、個人でもボランテイアとして活動は出来ますが、地震の発生直後は余震も続き、現地の情報も錯綜するそうです。

 

 

初心者は地元の社会福祉協議会が開設するボランティアセンター(VC)に登録をして、活動することが望ましいということです。

 

 

VCに登録したボランテイアは、避難所の手伝いや救援物質の仕分け、被災地の後片付けなどの活動場所を割り振られます。

 

 

但し、無理は禁物です。

 

 

自分の体力や経験に見合っていないと思えば断わることも大切で、そのような場合は別の作業を担当させてもらうようにしましょう。



事前の準備も重要だとか、ボランテイアには現地での食事や宿泊所が用意されていないため、事前に確保しておくことが必要です。

 

 

被災地の近くに住んでいる人は日帰りで、被災地に入るのも良いと云うことです。

 

 

また、被災者の心に寄り添うことも忘れはいけないとのことです。

 

 

 

被災者のプライバシーに配慮する事を忘れて、むやみに写真撮影をしたり、被災者に『頑張って』と安易に声を掛けたりしないで、振り分けられた作業に集中して欲しいとのことです。

 

カラーミーショップならFacebook内にも無料で出店可能。
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

 

 

今日21日は、熊本地方に大雨洪水警報が出ており、地震で地盤が不安定となっている中、大雨が降れば地盤が緩み、大きな災害になる可能性が懸念されています。

 

 

ボランテアとしてのモラルを守り、地震注意報に注意して活動をして頂きたいと思います。

 

 

ボランテイアについての問い合わせ先

熊本市   096-288-2748

 

益城町   096-289-6090

 

南阿蘇村  0967-67-0294

 

菊池市   090-8348-3147

      090-8348-2821

 

 

*熊本県内全般の問い合わせ先派遣社会福祉協議会(096-342-8266)まで。

 

 

 

読売新聞より抜粋

 

 

 

アダルト専用の出会い系☆PCMAXはこちらから☆

このリンクから登録で<b無料ポイント500円分進呈

 

 

関山整体、28年の実績!肩簡単整体・2分間体操で肩がすっきり

スポンサーリンク