スポンサーリンク

危険ドラッグの密輸容疑で、慶応大病院麻酔科医の男(49)を逮捕

 

 

 

危険ドラッグを輸入したとして、神奈川県警は慶應義塾大学病院(東京都新宿区)の麻酔科医の男A容疑者(49)=東京都品川区大井3丁目を医薬品医療機器法違反(旧薬事法)(輸入)などの疑いで逮捕したと10日、発表しました。

 

 

法律で規制されている指定薬物を含む危険ドラッグを、海外から密輸したと見られています。

 

 

薬物銃器対策課によりますと、A容疑者は昨年9月28日、危険ドラッグの入った小瓶10本を航空書留郵便で英国から輸入した疑いが持たれています。

 

 

横浜税関川崎外郵出張所(川崎市川崎区)で職員が、A容疑者宛の小包を検査したところ、液体が入った小瓶が見つかり、危険ドラッグの成分が検出されたという事です。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

捜査関係者の話によりますと、A容疑者去年9月に、法律で規制されている指定薬物を含む危険ドラッグ『ラッシュ』の入った数本の瓶を、国際郵便でイギリスから密輸したとして、医薬品医療機器法違反の疑いが持たれています。

ドラッグ

 

 

 

県警は9日夜に、A容疑者の自宅を家宅捜索し事情を聞いたところ、『輸入したのは間違いないが、違法と走らなかった』等と輸入したことを認めたということです。

 

 

『ラッシュは』鼻から吸引すると興奮を高める作用が有るということですが、専門家によりますと、最悪の場合、心臓などに大きな負担が掛かり、死亡する可能性も有ると云うのです。

 

 

警察は、危険ドラッグを入手した詳しい経緯などを調べることにしています。

 

 

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

 

 

 

危険ドラッグは過去に、『合法ドラッグ』や「脱法ドラッグ』等と称して販売され、あたかも身体影響がなく安全であるかのように誤解されていますが、大麻や麻薬、覚醒剤などと同じ成分が含まれており、大変危険で違法な薬物・ドラッグなのです。

 

 

 

危険ドラッグは、すでに規制されている麻薬や覚醒剤の化学構造を少し変えた部室が含まれており、身体への影響は麻薬や覚醒剤と変わらないのだそうです。

 

 

それどころか、麻薬や覚醒剤より機縁な成分が含まれていることも有るという事で、実際にはどんな危険性があるのか、わからないと云うことです。

 

 

危険ドラッグは、法の網をくぐり抜けるために『お香』や「バスソルト』、『ハーブ』、『アロマ』など一見しただけでは人体摂取用とは思われないよう、目的を偽装して販売されています。

 

 

デザインされたパッケージやカラフルな液体は、危険な薬物に見えない、キレイ、カッコいいといった印象を持ってしまいすが、中身は売っている方さえも分からないと言う恐ろしい薬物なのです。

 

 

合法や、安全といった言葉を信用してはいけません、騙さらないようにしましょう。

 

 

 

おじいちゃん、ずっと忘れないでね。「アルツナイン」
リピート率89.6%の認知機能サプリメント(株)今なら初回無料!

 

スポンサーリンク