スポンサーリンク

 

STAP細胞・ハーバード大、今後20年間権利独占も

 

 

 

今年3月に、ドイツ名門大学ハイデルベルク大学の研究グループがSTP関連の論文を発表しました。

 

 

海外の一流大学が、いわゆる『STAP現象』の再現実験を行ったということで話題になりました。

 

 

瀕死のストレス条件では、人急性T細胞白血病の細胞株であるJurkatT細胞が万能性を獲得するか、もしくは死ぬかの間で揺らいでいることである何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だと発表したのです。

 

 

今回の論文で多能性を確認したAP選書陽性細胞は、小保方氏らのSTAP論文でも発見が確認されている多能性マーカーのひつなのです。

 

 

細胞が、酸性ストレスによって多能性を示すという反応は、まさに小保方氏が発見したSTAP現象そのものなのです。

 

 

 

エクオール不足に。いくつになっても女性らしく。
【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】

 

 

 

 

米ハーバード大学付属ブリガムアンドウィンメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本・米国・EPO(欧州特許庁)・カナダ・オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われているのです。

 

 

これについて、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実態審査請求をしていることを明らかにしました。

 

 

これまでの理化学研究所の公式発表では、『STAP細胞論文はほぼ事実ではなかった』、『STAP細胞の実験結果はSE細胞の混入したものによる』として、其の存在を完全に否定したのです。

 

 

しかし、ハーバード大は日本の『STAP細胞は存在しない』と云う大合唱を他所に、粛々と特許の申請を進めていたのです。

 

 

この事について、小保方氏晴子氏の代理人である三木秀夫弁護士は、『ハーバード大は世界各国での特許申請にかかる費用や維持に、推測で1000万円程度の費用が掛かっているようです』と話しています。

 

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー ⇒『ヘテムル』

 

 

ハーバード大が特許を申請する研究内容の範囲は広く、細胞にストレスを与えて多能性が生じる方法のメカニズムに対する、特許請求なのです。

 

 

STAP細胞論文での小保方氏の実験担当部分「アーティクル」のプロトコルは「オレンジジュース程の酸性の液に細胞を浸すと細胞が初期化する』が有名ですが、、それ以外に細胞にストレスを与える様々な方法が試されており、『アーティクル』でその成果を報告しています。

 

 

これは、理研がSTAP細胞論文を発表した当初の、『報道発表資料』にも明示してあるということです。

 

 

ハーバード大がSTAP現象の特許出願をし、其の審査請求をするのは当然、再生医療での実用化を睨んでのことだと見らます。

 

 

そして、『人工的な外的刺激で体細胞が初期化するのではないか』と云うアイデアを思いついた小保方氏は再生医療の新たな扉を開いたことになるのです。

 

 

特許は認定されると、出願後20年間の工業的独占権が認められます。

 

 

 

女性に選ばれているネットショップ作成サービス⇒「カラーミーショップ」

 

 

 

実体審査では、申請された特許の要件を満たしているか、其の内容の記述的専門家である審査官が行います。

 

 

この実験が特許の取得が前提であれば、共同で行った発明や実験の知的財産権を侵害する恐れが有るため、小保方氏によるハーバード大での共同実験部分のノートやデータを、理研や早稲田大学の博士論文不正調査に提出できなかったのは当然のことではなかったのでしょうか。

 

 

ハーバード大は、特許に『STAP』と云う言葉を使うかは不明ということですが、一度は英科学子『ネイチャー』で報告された『STAP』と云う概念を再生医療に転嫁できれば、小保方氏のアイデアは生物学の歴史の中で、燦然と輝く事になるかも、体細胞の初期化から始まる再生医療の未来の扉は開いたばかりなのです。

 

 

Business Journal(上田眞美氏)より抜粋

 

 

 

 

女性のサプリ、PMSサポートがリニューアル!
毎月訪れる女性特有の心と体の悩みに、チェストベリーサプリメント
【女性のサプリ noi Lサポート 静】

 

 

スポンサーリンク