スポンサーリンク

専門の獣医師は、『けいれんの可能性も・・・・』

 

 

 

昨年から、猫ブーム再来と言われ、TVの中では動物番組が取りただされ、ネコ派、イヌ派、爬虫類派の芸能人が、自分の飼っている子(ペット)が可愛いとデレッとした顔を見せています。

 

 

今までイヌ派が5割以上を占めていましたが、昨年辺りからネコ派が増え、逆転してしまったとか、其のために視聴率確保のために動物番組が増えたようなのです。

 

 

今までは、TVはラーメンと旅行番組で視聴率の確保をしていましたが、空前の猫ブームで、TV朝日系の『ワンだランド』、やTBS系の『生き物にサンキュー』、日本TV系の『志村動物園』など、今や猫島猫カフェを多く取り上げるようになったのです。

 

 

其の猫ブームの中で、最近ツイッターで話題になっているのが、『フラッシュを使って猫の目を撮影すると失明してしまう』と云うもので、そんな投稿に多くの反響が寄せられたというのです。

 

 
キャットフード品揃えが豊富!ペット用品通販はペット用品.com


 

 

専門家は『1回だけのフラッシュで失明する可能性は低い』と説明する一方で、『けいれんを引き起こす可能性はある』と、注意を促しています。

 

 

強い光は犬や猫にどのようなダメージを与えるのか、動物の目が専門の獣医師はどのように見ているのでしょう。

 

 

動物の眼科専門の『アニマルケア・東京動物眼科醫院』の小林義崇(よしたか)院長は『フラッシュ撮影が犬や猫に失明を引き起こすという科学的なデータは、私が知るかぎりではありません』と前置きしたうえで、『目に強い光を長時間照射すると、網膜に障害が出るということは、犬を含む多くの動物で報告されています。これは猫にも同様に言えるものだと考えられています』・・・・・と、話しています。

 

 

特に犬や猫の網膜にタペタムという反射板があり、網膜に光がより多く到達する仕組みになっており、其のための障害も起こりやすい可能性があるそうです。

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』


 

 

1回のフラッシュでは考えにくい

 

 

動物病院でも病気になった犬や猫の目を検査するために、フラッシュを当て検査をしていますが、特にトラブルはないそうです。

 

 

1回だけのフラッシュぐらいで、目に深刻なダメージを与えることはまず無いといえるでしょう』

 

 

ただし、強い光の場合、網膜の障害の他に、例えば痙攣発作を引き起こす可能性もあります。

 

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決
 

 

 

 

完治の可能性は

 

 

犬や猫の網膜に障害が出ると、完治できるかどうかは、障害の程度によって変わってくるそうです。

 

 

ただし、人間が日食を裸眼で見た場合などに起こる日食網膜症でも、軽度の障害のみのこともあれば、回復が難しい状態になることも有るというのです。

 

 

小林院長は、1回だけのフラッシュ撮影で猫や犬の目に深刻な障害を引き起こすことは考えにくいですが、レーザーポインターやLEDなどの強い光を目に長時間照射することは避けたほうが良いでしょう』と注意を促しています。

 

 

人間が嫌なことは動物だって嫌なのですから、動物愛護の気持ちで労ってあげましょう。

 

 

 
出会いならPCMAX!創設10年以上の安心実績の優良出会いSNSアダルト専用の出会い系☆PCMAXはこちらから☆

 

 

スポンサーリンク