スポンサーリンク

福岡の小学校・校長、いじめ問題で町議に仲裁願いで情報漏らす

 

 

福岡県苅田町の町立小学校の女子児童(9)の父親が今年3月、同級生らからの『いじめ』を放置したなどとして、学校側を相手取って提訴する意向を学校に示した際、校長から相談を受けた町議が提訴しないよう父親に求めいていたと言う事が分かりました。

 

其の際に、校長は町議側に児童の個人情報を漏らしており、町の個人情報保護条例に違反している可能性があると云うのです。

 

識者からは、『いじめ問題のような大事な情報を、第三者に漏らすことが有ってはならない』と指摘しています。

 

 

 
スマホの高額買取ならリサイクルネットへ
 特殊ソフトによる完全データ消去【スマホ売るなら リサイクルネット】

 

 

 

児童は現在、小学校4年生で、父親によりますと3年製の頃同級生らに持ち物を隠されたり、仲間外れにされたりしていたと云うのです。

 

父親は、学校側と何度か話し合いを持ったというのですが平行線を辿り、3月に、校長に『法的措置や転校を考えている』と伝えました。

 

これに対して校長は、以前に赴任していた小学校でPTA会長を務めていた町議に、児童の氏名やトラブルの概要などの個人情報を明かして相談をしたという事です。

 

相談を受けた町議は3月下旬に、父親と面識の有った別の町議の事務所で父親と面会し、『丸く収めてほしい』などと提訴や転校を思いとどまるよう説得をしたと云うことですが、結局、児童は4月中旬に転校し、父親は学校側を提訴する準備を進めています。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

スポンサーリンク

 

 

校長は『法的措置を取れば、双方の子供の心を傷つける事になる。どうにかならないかと思い、町議に相談した』と説明をし、個人情報については『コミュニティーの中で解決できればと思ったが、公私混同が合ったかもしれない』と話しています。

 

父親は、『町議を通じて圧力をかければ、こちらが引くだろうと思ったのだろう』と、話していますが、校長は『圧力のつもりはなかった。子供を守ろうと思っただけだ』と釈明しています。

 

町議も、『町民相談の一環としてやった』と、父親を説得したことを認めた一方で、『圧力をかけたとは思っていない』とコメントを出しています。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップは無料電話サポート付き


 

 

 

苅田町の個人情報保護条例は、『職員は職務上知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、または不当な目的に使用してはならない』と規定しており、父親の弁護士は、『児童や両親によって極めて機微に関わる情報であり、安易に関係のない第三者に口外することは極めて大きな問題だ』と批判しています。

 

教育問題に詳しい武庫川女子大大学院の小林剛名誉教授(臨床教育学)は『本来、児童・生徒の個人情報は校内で慎重に取り扱うべきもので、余して今回のようにイジメが疑われるケースでは、より慎重であるべきで、郊外に出すようなことは決して有ってはならないことだ』と指摘しています。

 

今回の校長の行動は、双方の児童を考えてと話していますが、第三者から見れば保身を考えてのことにしか見えないのは私だけでしょうか。

 

 

 

關山整体自然波動療法研究所の実証した、肩こりかんたんセルフ整体『2分で肩がスッキリ』