スポンサーリンク

障害者支援施設虐待は氷山の一角か、職員不足が原因に?

 

 

知的障害者が暮らす京都市左京区静市の支援施設『わかば』で、入所者4人の個室のドアノブが外され閉じ込められていた問題で、京都市は4日、特別監査の結果が公表されました。 

 

新たに、別の入所者4人の個室も最大で4回、職員が夜間にドアノブを取り外していたことが判明したということです。

 

同市は同日、虐待が有ったとして運営法人に改善勧告を出したということです。

 

同施設には40人が入所しており、今年6月の抜き打ち監査で、20~50代の男女4人に対する虐待が判明したのです。

 

10月までの4ヶ月間に、運営する社会福祉法人若葉会の役員と施設職員、虐待を受けた家族から聞き取り、関係書類などを調べたということです。

 

新たに分かったのは、20~30代の男女4人に対する虐待で、2014年9月から15年10月の間、夜の就寝時にドアノブを外した日が最も多い人で4回有ったというのです。

 

 
たった30分の番組中にズボンがゆるくなっちゃった!骨盤ウォーカーベルト

 

 

施設側の説明では、居室内に置いたポータブルトイレで検便を採取するためだった、としています。

 

虐待を受けた8人の事例では、身体拘束に必要な家族への同意や支援計画などへの記載などの手続きを取っていませんでした。

 

6月の発覚当初、施設は当市に対し家族の同意を得ていたと説明をしていましたが、特別監査では、家族にドアノブを外すことなどは伝えていなかったことも分かりました。

 

施設長をはじめ多くの職員が、今回の問題を身体拘束であると認識をしていなかったそうです。

スポンサーリンク

 

市は12月5日までに具体的な改善策の報告を求めており、同法人は『第三者も入れた虐待防止委員会を開いており、改善に取り組んでいく』と話しています。

 

 

 
【ファイテン公式】道端カレンコラボのRAKUWA磁気チタンネックレス

 

 

同様の施設内での閉じ込められていた虐待行為は、今年6月に鳥取市鹿野町今市の『県立鹿野かちみ園』で入所者の女性3人が20~3年間、居室の外から鍵をかけられ長時間閉じ込められていたということがありました。

 

鳥取県では、身体拘束をする緊急性が有るとは認められないなどとして、虐待と指摘しています。

 

このときに施設側は、施設利用者への介助に手が回らない状況が有ったりしたことが、今回の長期拘束を産んだ背景にあったと釈明をしていました。

 

鹿野かみち園は社会福祉法人『健康生事業団』が運営しており、6月15日の園側の説明によりますと、『3人はいずれも異食行為や暴力を振るうことが有った、このため本人や他の利用者の安全を守るという目的で、家族の同意を得た上で施錠していた』と話しています。

 

 

障害者虐待防止法は、施錠を含む身体拘束を緊急で他に手段がない場合に限って一時的に認めらています。

 

 

鹿野かちみ園は、施錠が長時間続いた背景として、利用者の介助や生活訓練に当たる職員が不足していたことなどを上げています。

 

障害者支援施設での職員不足は深刻な問題であり、今後も急速に職員数を増やすことは難しいのだそうです。

 

 

 
国産ダイエットプーアール茶 茶流痩々
煮出し用3袋セットお買上げの方全員に電子レンジで煮出したプーアール茶を作れちゃう♪


 

スポンサーリンク