スポンサーリンク

視覚障害者でも知らない人が多い?

 

人混みの中で、白い白杖をまっすぐに掲げて立ち止まる視覚障害者の姿が・・・・・・・!

 

 

 

 

『白杖SOSシグナル』と呼ばれるこの独特のポーズが、ツイッターなどのSNS上で話題になっているということで、東京新聞の記事を引用しつつ、『このサインを見かけたら声を上げてください』、『この記事をシェアするだけで誰かの「困ったを解消して助けることが出来ます』と呼びかけるツィートは、現在までに5万7000回以上リツィートされているという事です。

 

この『白杖SOSシグナル』は元々福岡県盲人協会が考案したということですが、視覚障害者が「今、助けてほしい』と思ったときに白杖を掲げることで、周囲に助けを求めるというものなのです。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』
 

 

実は40年ほど前から存在していたということですが、残念ながら今のところ世間一般では余り知られていない、というのが実情でした。

 

一方、この『白杖SOSシグナル』については以前から反対する意見も有ったそうです。

 

そもそもこのサイン自体が、視覚障害者の間でもあまり知られていないとのことで、このままサインの意味だけが広まってしまい『サインが出ていない=困っていない』と受け止められてしまう危険性がある・・・・・と、言うのが主な理由なのです。

 

SNS上でのツィートが話題になると、今回も『むやみに拡散してほしくない』という声も少なからず見られたそうです。

 

 
脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる

 

 

そもそもこのサインンはなぜ生まれたのでしょうか?

 

一部で指摘されているように、安易に拡散すべきではないのでしょうか?

 

 

考案された福岡県盲人協会は次のように話しています。

 

『このサインを考案した経緯について、元々は視覚障害者の人権擁護のために考案しました。

なかなか普及が進まないため、5年ほど前に再度ポスターを作って日本盲人会連合へ応募したところ、岐阜大会にて取り上げられ、また、内閣府のサイトにも啓発シンボルマークが掲載されるようになり、注目が集まったものと思われます』

 

 

 

 

しかし、注目度の割には余り見かけないとのことで、そのあたりは苦慮しているそうで、『声だけではなかなかSOSが表現できない視覚障害者に使っていただきたいのですが、このシグナル自体が浸透しないと意味がありません』・・・・と、話しています。

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料のカラーミーショップで! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

サインが出ていないから大丈夫との指摘について、『はいそのことも把握しています。

そういった場合は周囲へ声をかけるなどの対応をして頂きたいと思っています。

周囲の健常者の方々も、手助けが必要な方がいれば、積極的に手を貸していほしいですね』・・・と指摘しています。

 

まずは、『視覚障害者を助けよう、人権を保護しよう』という根本に立ち返り、困っている人がいれば、障害者であろうとなかろうと、積極的に手助けを行い、少しでもお互いが理解し合えるようにしていくのが第一なのかもしれません。

 

 
ツルツル肌実現する家庭用脱毛器
トリア・パーソナルレーザー4X & プレシジョン