スポンサーリンク

政府が事業者に禁止要請

 

フリマアプリ『メルカリ』などで現行紙幣が出品された問題が国会内でも取り上げられ、『法的に禁止すべきではないか』とただした衆議院議員の質問主意書に対して、政府が答弁書をこの程公開しました。

『法的に禁止すべき』との意見には『答えるのは困難』と回答を避けましたが、フリマアプリなどを運営する事業者に対しては、『クレジットカードで現行紙幣を購入すること』を禁止するように要請するということです。

 

質問主意書は初鹿明博議員(民主党)が提出したものです。

現行紙幣の出品は、落札者がクレジットカードで決済することで、カード枠を現金化出来るおそれがあるのです。

フリマアプリのの『メルカリ』、Yahooが運営する『ヤフオク!』は、4月25日までに現行紙幣の出品を禁止する措置を取ったと云うことです。

主意書の内容は?

初鹿議員は『クレジットカードの決済で現金を購入する行為は、クレジットカード会社が会員規約で禁止している、クレジットカードショッピング枠の現金化と同様の手口だ』・・・・・と指摘しており、その上で、『原則として法的に禁止すべきと考えるが如何か』と問うたのです。

これに対して政府は答弁書で、『「原則として法的に禁止すべき」の意味するところが必ずしも明らかではない』・・・・として『お答えすることは困難』と明言を避けました。

ただ、事業者に対して、クレジットカードで現行紙幣を購入することを会員規約で禁止するように、一般社団法人日本クレジット協会などを通じて要請するということです。

 

今度は『チャーズ済Suica』などが出品

現行紙幣の出品を禁止したメルカリに今度は、『チャージ済みのSuica(スイカ)』の出品が相次いでいるそうです。

スポンサーリンク

 

(パチンコ景品)

チャージ済のSuicaが額面以上の価格で出品されていると、ネットユーザーの間で話題になっているのです。

メルカリは4月25日「マネーロンダリングにつながる可能性がある』として、チャージ済のSuicaの出品について、監視や削除対応を強化していることを明らかにしました。

 

メルカリでは4月24日頃、1万5千円をチャージしたSuicaを1万8500円で販売するなど、Suicaをチャージ金額+2割程度の価格で販売する出品が相次いだそうです。

購入者の希望に応じた金額をチャージするとうたう、出品も有るということです。

 

チャージ済のSuicaの出品は現行紙幣の出品が禁止されていこう、急増しているということです。

同社はITmedia NEWSの取材の中で、4月25日『チャージ済Suicやパチンコの景品など、マネーロンダリングに繋がる恐れの有るものは、現行貨幣と同様出品を禁止している』とのコメントを出すとともに、『監視を強化し、順次削除してる』ことも明らかにしています。

 
全国対応】即日キャッシングの[いつも]※来店不要※

薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ

東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!『就活エクスプレス』

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>