スポンサーリンク

新潟・野球部の女子マネージャーランニング後に倒れ意識不明に

 

新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月に野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた2年生の女子マネージャー(16)が、8月5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなったそうです。

死因は低酸素脳症でした。

 

 

同校によりますと、女子生徒は7月21日午後5時半過ぎ、同校から約3.5キロ離れた野球場での練習に参加していました。

午後7時半頃に練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直後に、玄関前で倒れたということです。

 

女子生徒は普段、球場を行き来する際は、用具などを積み込むマイクロバスに乗っていたということですが、この日は怪我をした部員がバスに乗るなどしたため、監督が『マネージャーはマイペースで走って帰るように』と指示をしていたと云うことです。

女子生徒は倒れた直後、駆けつけた監督は「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)は使用しなかったそうです。

 

女子生徒は救急搬送された病院で治療を受けていましたが、5日午後6時過ぎに亡くなったと云うことです。

加茂署は業務上過失致死の疑いも視野に入れ、関係者から事情を聞く方針です。

 

同校は『生徒のご家族に誠意を持って対応し、このようなことが起こらないように対策を取りたい』とのコメント出しました。

 

月額890円・独自SSL証明書0円クラウド型レンタルサーバー『Zenlogic』

倒れた状況

同校によりますと、女子生徒は21日、午後5時半過ぎ、同校から約3キロ離れた田上町の町営羽生田野球場で練習に参加しました。

練習は午後7時半頃に終わり、学校までの約3キロを25分ほど駆けて男子部員と一緒に帰ってきましたが、到着した直後に玄関の肉刺でしゃがみこんで倒れたということです。

 

搬送された新潟市内の病院で、低酸素性脳症と診断されたということです。

同校野球部は、全国高校野球選手権新潟大会に出場し、17日の3回戦で敗退しました。

 

低酸素脳症とは

循環不全、または呼吸不全などにより、十分な酸素供給ができなくなり、脳に障害をきたした病態を低酸素脳症といいます。

低酸素脳症には、通常、組織への血流低下(虚血)と血液の酸素運搬能の低下(低酸素血症)の2つの病態が混在していることが多いため、低酸素性虚血性脳症とも呼ばれています。

 

原因として、心筋梗塞、進呈し、各種ショック、窒息などが挙げられます。

心停止により脳への酸素供給が途絶えると、意識は数秒以内に消失し、3~5分以上の心停止では、仮に自己心拍が再開しても脳障害(蘇生後脳症)を生じると云われています。

 

時代の最先端を走るドローンパイロットになろう!大注目の資格!

夫婦、家族、大切な人のために…昼も夜も活力みなぎる毎日を!タフdeナイト

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>