スポンサーリンク

『私は自殺します。私は三菱に潰されました』遺書には上司や先輩社員の名が・・・・

 

三菱電機の新入社員の男性(当時25歳)が自殺したのは、上司や先輩から継続的にイジメ・嫌がらせを受けていたにも関わらず、会社側が適切な自殺予防措置を講じてなかったことが原因だとして、男性の両親が9月27日会社を相手取り、計約1億1千8百万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したということです。

 

 

上司や先輩の名前が

訴状などによりますと、男性は大学院卒業後の昨年4月、三菱電機に入社しました。

同年6月兵庫県尼崎市にある施設内の部署に配属され、同年9月から本格的に業務に携わり始めましたが、そこで上司や先輩社員から継続的にイジメ・嫌がらせ。工数の付替えの支持を受けていたということです。

 

男性は同年11月『私は自殺します。私は三菱に潰されました』という遺書を残して、社員寮で自殺したのです。

 

 

遺書には、上司や複数の先輩社員の名前を上げている他、何のサポートも受けられない嫌がらせや、仕事に関する質問に答えられないと非難されるといったイジメを受けていたことが書かれていました。

 

男性の自殺について、両親は会社側に対して問題の究明や謝罪などするように求めましたが、会社側からは、遺書に書かれたイジメなどが『一切なかった』という回答が有ったため、両親は今回の提訴に踏み切ったということです。

 

PR 夜が不安な方にテアニンサプリ!夜が不安な方に心地のいい休息を睡眠サプリ【NEMLINA(ネムリナ)】
 

<PR 全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】>

会社の回答は極めて誠意がなかった

提訴後、両親と代理人が東京・霞ヶ関で記者会見を開きました。

男性の母親(40代)は『入社してわずか8ヶ月あまりで、何故息子は命を落とすまで追いつめられたのか、その理由が知りたい。

二度とこのようなことが起こらないようにしてほしいという思いから裁判に踏み切りました』・・・・と、話しています。

 

遺族側の代理人を務める嶋崎量弁護士は、『三菱電機とはこれまで書面でやり取りした、極めて誠意がない回答だと思った』

彼の心の痛みは、心のある人間が読めば分かるはずだ。

それを否定して、具体的に会って話をする機会もなかった。

人が命まで落とすということをどう受け止めているのか』・・・・と、述べ、また近いうちに労災申請も行う予定とのことです。

 

三菱電機広報部は、報道機関に向けに『あらためてご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。

今後、訴状を確認の上、真摯に対応してまいります』とファックスでコメントを出しました。

 

PR 大人が着ける高級オシャレ腹巻きが凄い スポーツ選手が愛用するスポーツネックレス【COLAN COLAN(コランコラン)】

PR 「十分に睡眠をとっているのに疲れる」そんなあなたに高麗人参に厳選80種類の植物発酵液をプラス!【紅参植物発酵液80】

PR わかめの理研のダイエットサポート成分。【理研ビタミン】脱!アブラの摂り過ぎ「マルチポリフェノール」
 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>