スポンサーリンク

アメリカ・イリノイ州で、偽大麻と呼ばれる『合成カンナビノイド』で56人が出血などの症状を訴える

 

米イリノイ州で、合成カンナビノイドの使用に関連して、56人が激しい出血の症状に見舞われうち2人が死亡したと、同州公衆衛生局が発表したということです。

合成カンナビノイドは『スパイス』、『K2』、『偽大麻』などとも呼ばれる合成大麻だそうです。

イリノイ州の発表によりますと、患者は全員が吐血、血尿、歯肉出血などの症状で入院を要し、9人からは殺鼠剤の陽性反応がでたということです。

 

患者はシカゴ市全域とイリノイ州中部で確認されたとのことで、州当局は米疾病対策センター(CDC)や各自治体と連携して、患者の症例に共通する合成カンナビノイド製品の特定を急ぐとともに、入手経路の解明を進めています。

当局によりますと、シカゴで合成カンナビノイドに関連した死者が出たのは初めてで、症例数は今も増え続けており、死者が更に増える恐れもあると見られているようです。

 

薬品が汚染された原因は、現時点では分かっていないそうです。

汚染された製品がどこで、どの程度流通しているのかも不明ということです。

 

当局は、合成カンナビノイドを使わないよう強く警告しており、合成カンナビノイドで反応が出た場合は直ちに救急車を呼ぶよう呼び掛けているそうです。

 

合成カンナビノイドは、コンビニエンスストアーやガソリンスタンド、薬局などで販売されている他、通販サイトでも入手ができると云うことです。

米国では過去にも、合成大麻の過剰使用で健康被害があい次ぐ問題が繰り返されているのです。

 

お得な情報
不動産投資が未経験の方や初心者の方も安心して優良不動産投資会社のプロと0円で相談する事が出来ます。
不動産投資用マッチングサイト【owners life(オーナーズライフ)】なら全国対応なので不動産投資に興味があるけど不安な方などお気軽にお問い合わせ頂けます。

日本の危険ドラッグ、脱法ハーブに相当

「k2」、「スパイス」、「Bizarro」、「Scooby」、「Stoopid」、「Kryp2nite」等など、様々な商品名で売られている偽大麻(脱法ハーブ、危険ドラッグに相当)に対して米当局は警鐘を鳴らしているのです。

米国の警察や公衆衛生局によれば、『合成大麻』の過剰摂取が原因とみられる死亡例や、薬物関連の犯罪件数が全米で急増しているというのです。

偽大麻は、主に中国から輸入され、安価に入手できるそうです。

 

含有される化学合成成分の化学構造を少しずつ変えて、類似物質を次々と作ることで新たな製品が開発され、法による規制が追いついていないのが現状だということです。

こうした化学物質を植物片に吹きかけたものが偽大麻で、漫画の絵のついた小さな袋に詰められて売っているそうです。

 

お得な情報
不動産投資が未経験の方や初心者の方も安心して優良不動産投資会社のプロと0円で相談する事が出来ます。
不動産投資用マッチングサイト【owners life(オーナーズライフ)】なら、全国対応なので不動産投資に興味があるけど不安な方などお気軽にお問い合わせ頂けます。

 

美人通販のオーガニックフルーツ青汁は その厳しい検査を通過し、オーガニック認定を受けた
野菜を使ったフルーツ青汁です!オーガニックフルーツ青汁は香料、着色料、保存料などの合成添加物は不使用で全て植物から作られているので安心・安全!!

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>