スポンサーリンク

死に追い込むゲーム『絶対に手を出さないで』無料サイトに登場し不安広まる

 

130人がゲームプレイ後に自殺したとされるロシア発の『ブルーホエール』ですが、それに追随するのではと見られる『モモ自殺チャレンジ』と云う名のゲームに、新たなる自殺者が出るのではと懸念の声が高まっているのです。

アメリカFOXのニュースによりますと、10代の子供に人気の無料オンラインゲームサイト(Minecraft)に『モモ自殺チャレンジ』と云う名のゲームが現れたと云うのです。

 

このゲームは、ロシア全土で130人の自殺者を出した自殺教唆ゲーム『ブルーホエールに追随する恐れがある、と見られています。

『ブルーホエール』は、自傷したり、ホラー映画を観ると云ったタスクを課され、要求は徐々にエスカレートし、やがて50日目には自殺を進めると云う卑劣で忌まわしいゲームなのです。

『ブルーホエール』を開発したフィリップ・ブデイキンはロシアで『自殺グループ』を運営していた事が分かりました。

2017年7月に、若者に対する自殺教唆の罪で有罪判決を受け3年間の拘禁刑に服しているそうです。

 

お得な情報
格安スマホ通信速度満足度No.1*に選ばれるほど回線品質が良く、高速と評判です。月額1,980円(1年間・税別)で使える!UQモバイル
 

『自殺チャレンジ』ゲームは広がる恐れが!

『モモ自殺チャレンジ』はチャットアプリを介して管理人から犠牲者に暴力的な画像が送られてくることからスタートするそうです。(当ブログではアプリ名は公表しません)

指示に従わないとプレイヤーは『夜にあなたのところに行く』、『呪いをかけてやる』などと脅かされると云うのです。(ちなみに表示されるアイコンは、日本のLink Factoryの相蘓敬介氏の作品とされていますが、ゲームとの関係性は一切ない模様です)

親たちからは、動画共有サイトに『モモ自殺チャレンジ』の宣伝広告が登場している、との声も上がっているそうです。

『モモ自殺チャレンジ』による死者はすでに出ているとの事で、英ザ・サン紙などの報道によりますと、アルゼンチン警察は、ブエノスアイレス近郊のインヘニェロ・マスチュウイツ在住の12歳の少女の自殺が『モモ自殺チャレンジ』と関連があるとみて調査を進めていると云う事です。

 

『Maine Craft』の提供元であるマイクロソフトの広報では、『モモ自殺チャレンジ』に強い懸念を示していると発表、「第三者により独自に開発されたこのコンテンツは当社の価値観に合致せず、公式のゲームではない。これはプラットフォームの悪用であり、我々は製作者のアクセスを制限する措置を講じる」とFOXニュースに語ったのです。

 

果たして、このようなゲームが日本に上陸するかは不明で、また日本のゲームクリエータが作成するとも限らないのです。

果たして日本の法律でゲームを取り締まることが出来るのか、アダルト関連には規制があるのは知っていますが、ゲームが自殺教唆として立証できるのかは、残念ながら浅学な身であるため、この場では答えることは出来ません。

 

 

お得な情報
ビジネスマンの味方♪通販限定のヘパリーゼ粒タイプ!

スポンサーリンク