スポンサーリンク

覚せい剤取締法違反で、高知東生被告と五十川敦子被告に有罪判決

 

 

覚せい剤取締法違反(使用・所持)などに問われた元俳優、高知東生(たかちのぼる=本名・大崎丈二)被告(51)と、知人の元クラブホステス、五十川敦子被告(34)に対し、東京地裁(室橋雅仁裁判官)は15日、それぞれに懲役に2年・執行猶予4年(共に求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡されました。

 

 

 

高知東生

 

 

 

検察側は、初公判で高知被告が10代で大麻、20代で覚せい剤を使い始め、2006年に五十川被告と知り合った後は遅くとも10年までに、一緒に覚せい剤を使い始めたと指摘していました。

 

 

高知被告は『甘さが有った(離婚した女優の高島礼子さん)どうやれば、ばれないかを考えていた。心から申し訳ない』・・・・と謝罪していたということです。

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップは無料電話サポート付き


 

 

高知被告は、覚せい剤に手を出した動機を『正直、好奇心です。悪いとは思っていたのですけど、刺激を求めるのが勝っていました。』・・・・・と供述をしています。

 

 

乾燥大麻覚せい剤

スポンサーリンク

参考写真=乾燥大麻や覚醒剤

 

 

判決によりますと、両被告は6月24日頃、横浜市のラブホテルで共謀して覚せい剤を使った他、覚せい剤計約4グラムを所持するなどしていました。

 

 

 

高知被告はその際、乾燥大麻約1.3グラムも所持していたのです。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

起訴状などによりますと、両被告は6月24日、横浜市内で覚せい剤を吸引するとともに、ラブホテルの一室で約4グラムを所持していました。

 

 

他にも高知被告はこのホテルで大麻約1.3グラムを、五十川被告は横浜市内の自宅で覚せい剤約1.9グラムを所持していたということです。

 

 
食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】楽天総合1位 3回獲得!【ハイ・ユーグレナ(みどりむしサプリ)】

 

 

両被告は前回の公判で起訴内容を認めており、薬物を断ち切れるかと聞かれた高知被告は『正直、不安です』、としながらも、現在は病院に通い、依存症の治療をしていることを明らかにしましした。

 

 

検察は、それぞれに懲役2年を求刑し、結審していました。

 

 

高知被告は当局に取り調べに対して、素直に罪を認めており、反省もしていることや初犯ということも考慮して、執行猶予付きの判決が出たと思われます。

 

 
美肌・美白効果のある植物プラセンタ、”穂のしずく”サプリメント!口コミで話題の若返りサプリ、体に優しいプラセンタ”穂しずく”

 

スポンサーリンク