スポンサーリンク
『従軍慰安婦』世界遺産登録見送りを勧告 | Network 出来事

Network 出来事

最新の事件や情報を、わかり易く紹介

ユネスコ, 世界ニュース, 日韓問題

『従軍慰安婦』世界遺産登録見送りを勧告

スポンサーリンク

スポンサーリンク


国連教育科学文化機関(ユネスコ)、日中韓市民団体に『従軍慰安婦』に関する資料の登録を見送るよう勧告

 

どうなる日韓問題、複雑化していく日韓関係ですが、果たして修復可能なのだろうか?

竹島問題から徴用工問題、慰安婦問題などが山積みとなっているわけですが、友好国と思っているのはどうやら日本だけのように思える。

 

今でも日本を敵国と捉えるような教育している韓国、今から400年前以上の責任追及までをも考えている韓国、日本に対してどのようなに考え友好関係を築こうとしているのだろうか。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国際諮問委員会(IAC)が、貴重な歴史文書などを認定する『世界の遺産』(世界登録遺産)について、日中韓などの市民団体が申請していた『従軍慰安婦』に関する資料の登録を見送るよう勧告することが26日、分かったのです。

ユネスコの貴重遺産の新たな登録を審査ししている専門家の委員会が、韓国や中国などの市民団体が申請した慰安婦問題に関する資料について、登録するかどうかの判断を見送ったことが分ったというのです。

今後は、ユネスコの事務局長が最終的な判断を行うとのことですが、登録は見送られる公算が濃くなるのではと見られています。

 

ユネスコの記憶遺産は、世界各地に伝わる貴重な古文書や映像などを人類の財産として保護する事業であり、専門家が新たに申請された資料について登録の是非を審査する国際諮問委員会が、フランスのパリで開かれているのです。

委員会の関係者の話によりますと、26日、非公開の会議が開かれ韓国や中国などの市民団体が作るグループなどが申請した慰安婦問題に関する資料2件について、関係国の対話が必要だとして登録するかどうかの判断を見送ることで一致しということです。

 

スポンサーリンク


記憶遺産を巡っては、一昨年日本と中国で見解が異なる南京事件を巡る資料が登録されたことなどから、日本政府は事業が政治利用されているとして改善を求め、10月開かれたユネスコの執行委員会で各国は事業をすすめるに当たっては対話の原則に基づき、さらなる政治的な緊張を避けることで合意していました。

今後は、ユネスコのボコバ事務局長が登録の是非について判断をすることになりましたが、専門家が判断を示さなかったことで慰安婦問題に関する資料の登録は見送れる公算が強くなったのです。

 

日本政府として10月25日に菅義偉官房長官が午前の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が従軍慰安婦関連資料を世界遺産に登録するかどうかの審査を始めたことについて、『世界の記憶事業に関連するさらなる政治的緊張を回避するよう求めている』と述べ、ユネスコの冷静な対応に期待を示していました。

中国・韓国などの民間団体が登録を申請し、韓国政府がこれを支援しています。

 

菅官房長官は、こうした動きが慰安婦問題の最終的解決を確認した日韓合意に反するかどうかが問われ、『日本の立場を強く主張し、(日韓合意が)実現するよう全力で取り組む』と強調していました。

 

お得な情報

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト



無理のない返済計画で完済へ!1本化ローンのユーファイナンス



シニア世代のアマチュアゴルファーを応援!【日本ゴルフスクール】

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。